top 作品紹介 キャラクター products
 
 イプロン星系51の星々を支配するエドン国のミト王子の諸国訪問記。3人のお供を連れてお忍びの旅に出た王子は、私利私欲のために悪政をしく支配者たちを王家に伝わる最強ロボ・ダイージャで懲らしめ、前向きに生きる庶民を助け、人間的に成長していく。
 時代劇の金字塔「水戸黄門」をモチーフに制作されたテレビシリーズ。制作当時の人気ドラマ、アニメなどのパロディなどもあり、作り手の遊び心も随所に見られる。
放送開始: 1981年1月31日
放送終了: 1982年1月30日
 総話数: 全50話
 放送局: 名古屋テレビ
スタッフ: 企画:日本サンライズ/原作:矢立 肇/シリーズ構成:星山博之/キャラクターデザイン:佐々門信芳/メカニカルデザイン:大河原邦男/音楽:渡辺宙明/作画監督チーフ:金山明博/美術:内田建彦、勝井和子/監督:佐々木勝利/プロデューサー:森山 _(名古屋テレビ)、大熊伸行(創通エージェンシー)、岩崎正美・中川宏徳(日本サンライズ)/制作:名古屋テレビ、創通エージェンシー、日本サンライズ
キャスト: ミト王子:古川登志夫/スケード:石丸博也/カークス:西村知道/シノブ:高木早苗/ジンナイ:滝雅也/バルジャン&ナレーター:永井一郎
 
   
   
  スマートフォン(Android、iOS)などでご覧いただけない方はこちらから >>  
 
第1話〜第12話 | 第13話〜第24話 | 第25話〜第36話 | 第37話〜第50話
 
第1話 旅立て! 銀河のミト王子
 周囲51の星々を支配下に治めるイプロン星系のエドン星のエドン国の、2年に1度の国王謁見の日、王位後継者のミト王子は父トクガー王の命令で身分を隠し諸国訪問の旅に出発した。お供は、武芸師範のバロン・カークスと教育係のデューク・スケード。そして、手裏剣の使い手のシノブの3人。城を出て開放感いっぱいの王子は、バードランド星近くで1体の兵隊ロボット・シガルが3体のシガルに追われている現場に出遭いこれを援護、乗り込んでいた少女・アニタを保護する。領主に父を殺されたというアニタは、危険覚悟で領主の横暴をエドン国に直訴するつもりだった。ミト王子たちは、アニタの村へ向かうことにする。
第2話 胸に輝く王者の印
 バードランド星では、領主がアニタを逃したことで部下を叱責していた。一方、ミト王子一行は、ロボットでお上に楯突いたと役人に囲まれたが、なんとかその場を切り抜け村に辿り着く。村では、役人の作業ロボットが鉱山開発の名目で、村人の家々を踏み潰し燃やしていた。領主は悪徳宝石商人ルビタイとダイヤモンド鉱山で一儲けする相談をしていた。そこへ乗り込んだミト王子一行はその身分を明かし悪行を正そうとするが、領主は作業用ロボットで王子らを攻撃。王子はロボット・エースレッダーに、スケードはアオイダー、カークスはコバルターがこれを迎撃すると、領主はロボット・ヘルベロスに、ルビタイはゾルベックで出撃。それに対し、王子はエースレッダーとアオイダー、コバルターを合体させダイオージャとなって必殺の電光雷鳴崩しで是を破り、バードランドの人々の平和な生活を取り戻すのだった。
 
 
第3話 恐竜パピの涙
 デュアル星にやって来たミト王子は、この星では恐竜が家畜として大事にされていることを知る。王子が知り合ったロコ少年の父・デルは、この恐竜たちを密猟者から守るべくギラ局長の命令でパトロールをしていた。デルは怪しい男たちを見つけるが、彼らは局長の許可証を持ったキャンパーだという。しかし、本当の正体は恐竜ハンター。デルとハンターたちはウラで通じていたのだ。ハンターたちは、獲物を仕留めようとしたところを王子たちに目撃され、銃を残して逃げてしまう。恐竜ハンターの銃を拾ったデルの前に現れたギラ局長は、デルに濡れ衣を着せ、王子ともども逮捕しようとした。そこへスケさんとカクさんが現れ、王子の正体を明かしたが、デルは取り合わずロボット・ザウラーズに乗り込み歯向かって来た。ダイオージャに乗り込んだ王子は、これをダイオージャ・ジャベリンと電光雷鳴崩しで倒した。
第4話 機械にされたミト王子
 イプロン星系最大の工業都市スティル星で宇宙船工場を見学することにしたミト王子一行。昼休みに踊る工員たちには余裕があるように見え、また、フェンス越しとはいえ妻子に工員たちの姿を見せる工場の方針に感心する王子たち。だが、スケさんとカクさんが目を離した隙に、好奇心から工場の作業場へ入り込んだ王子は、「死にたくない」と言いながら必死に働く人々の姿を目にする。ここの人々は帰宅することもできずただひたすら機械のように働き、作業効率を落とした者は自爆装置のついた気球で宇宙船の宣伝をしながら殺される運命にあったのだ。現場を混乱させた王子は他の工員らとともに気球に乗せられてしまう。一方、スケさんとカクさんは、工場を管理するコゼニーに言葉巧みに毒ガス室に閉じ込められるが、カクさんの怪力で脱出。気球からエースレッダーを呼び寄せた王子と、スケさん、カクさんはそれぞれのロボットを合体させてダイオージャとなり、黒幕の領主ゼニマンの乗ったロボット・ゼラズニィを打ち破り、工員たちに人間的な生活を取り戻させるのだった。
第5話 恐怖の人間彫刻
 芸術の星・ミケラン星の領主・モンクは、何よりも芸術を重視し、己の芸術のためには人民の不利益など考えない男だった。今日も、芸術のために村人たちに転居を無理強いし、道路を封鎖してしまった。そんなこととは知らないミト王子一行は、ミケラン美術館へ見学へ向かったのだが、その道を閉鎖されてしまい困惑気味。そこで出会ったのが、ケリーという愛らしい少女。ケリーの家へ行くと、玄関はモンクの女神像でふさがれていた。そのころ、モンクは自分の芸術をさらに高めるため、ケリーの両親に人間彫刻になることを強いていた。女神像のかたわらでポーズをとり続ける両親。王子たちはそれを止めさせようとするが、そこへ役人たち、そしてロボット・ダンテスに乗ったモンクが怒りを露に現れた。本物のミト王子なら自分の芸術がわかるはずと言い張るモンクを、王子はダイオージャボーガン、そして電光雷鳴崩しで成敗するのだった。
第6話 少年と錦鯨
 海の幸に恵まれ、海産物の輸出国として知られるシーランド星。中でも錦鯨は美味。だが、獰猛なため捕獲は難しく高価な品だ。ミト王子一行は、錦鯨を積んだトレーラーを少年が運転しているのに出合った。少年・トムキンは錦鯨を盗んだらしい。一味と間違われる一行だったが、なんとか役人から逃げ、大漁祭のお囃子が鳴り響く村へやって来た。だが、そこはトムキンの村だった。網元のイグアナと水産庁長官パゴスがグルになって漁師たちの命のかかった錦鯨を独占し、私腹を肥やしているため、人々は貧しい生活を送っていた。トムキンが病床の父親に代わって錦鯨を獲るよう強要されるのを見た王子は、自分が代わりに獲ると豪語。エースレッダーで次から次への錦鯨を捕獲していく。その様子にメンツを潰された網元はロボット・オブーンで、長官はグロテスターで出撃。王子はのダイオージャは、2体のロボットに苦戦するが、電光雷鳴剣でこれを打ち破った。
 
 
第7話 王子の嫁入り
 ブラバー星にやって来たミト王子一行は、滝から身を投げようとした少女リリィを助けた。リリィは、領主のダホテルのもとへ奉公に上がることを苦にしていた。ダホテルは、食事がまずいという程度で侍女を手打ちにしよとするような男だが、王子にはリリィが拒否する理由はほかにもあるように見えた。ダホテルの侍女・ダリアは若い娘たちに厳しく、リリィを守ったミト王子一行をかくまったリリィの父パンジに対し、一行を引き渡さなければ水門を閉めて村を干上がらせると脅す。王子らは、村娘に化けると城に潜入し、ダリアが愛するダホテルに邪険にされた腹いせに若い娘にあたっていることを知った。ミト王子は、ダホテルの横暴な態度を改めさせようと身分を明かすが、ダホテルは信じずロボット・ハーディアスで攻撃。王子もダイオージャでそれを迎えた。ダホテルがミト王子に歯向かうのを見たダリアは、ダホテルを止めようとするが、ダホテルはそんなダリアを邪魔立てするなとあっさり殺してしまう。ダホテルのあまりの無軌道ぶりに怒りを覚えた王子は、電光雷鳴くずしでダホテルを倒すのだった。
第8話 友情のスウォーム星
 ミト王子一行の次の目的地はアイアン星だったが、宇宙船は航路を外れスウォーム星へ向かっていた。じつは、幼少時の剣術指南であり親友のライアンに会いたい一心の王子が、皆に黙って航路を変えたのである。スウォーム星は、軍事ロボットを作っているため警備が厳しい。王子一行は、謀反人ライアンの親友として攻撃されてしまう。正義漢のライアンが謀反人になるはずはない。秘密の侵入路からスウォーム星の地下の都市へ入った一行は、ライアンの仲間と名乗る男たちに出会う。ライアンは、武器密売で私腹を肥やす長官・ドグラと対立し、牢に拘束され、処刑されようとしていたのだ。男たちは、今夜、そのライアンを助けに行くつもりだった。だが、ライアン救出にむかった彼らは、ライアン一派を一網打尽にしようというドグラの罠にかかってしまう。危機一髪のところ、エースレッダーに乗り込んだ王子らはライアンとその仲間たちを救出する。エドン国の打倒を目指しいたドグラと部下のスルゾーは、機会到来とばかりにロボット・ガニメーデに乗り込んで王子に挑む。だが、電光雷鳴崩しの前に敢え無く敗れるのだった。
 
 
第9話 恐怖!! 夜のない国
 ミト王子は、ブルーレイク星にやってきた。ここは、水量の多さを利用した水力発電で栄えている国だ。だが、何故か人を見かけないと訝しがっている一行のもとに役人がやって来た。この国では、電気を使わないで済む昼間は外出禁止で罰金対象になるという。役人たちから逃げ出した王子たちを風車の中にかくまったのは、マイケルという名の少年だった。王子らはマイケルの家に泊めてもらう約束をするが、マイケルの父は、電気代を払わなかったことから謀反を疑われ投獄されてしまう。この星に君臨するのは、副領主のエネギー。エネギーは、兄の領主を地下牢に閉じ込め、国民に有り余る電気を高い電気代で使わせて儲けていた。シノブからエネギーの悪行を聞いた王子は、マイケルの父が裁かれている場へ乗り込んだ。エネギーはロボット・ムガールで、電気大臣はエレギックで王子に刃を向けてきたが、ダイオージャの電光雷鳴剣は2体のロボットを倒すのだった。
第10話 宇宙に咲いた愛の花
 咲き乱れる花で作った香水が特産品のフラウ星。ミト王子一行は、女兵士に追われる1組の恋人・マーナとユールを目撃し、カクさんが警備隊長ミレイの足止めをする間にふたりを助ける。この星では男は家畜同然で、結婚は第一級反逆罪で処刑対象になるのだという。にも関わらず、マーナとユールは愛し合ってしまったのだ。事情はわかったものの、一行はロボット・マゾネスで現れた司令官ゼラウの前に投降せざるを得なくなってしまう。法廷に出た王子は、そこでかつて男が戦乱を好んだこと、それに耐え切れなくなった女たちが平和を守るため武器を持って男を支配するに及んだことを知る。そのころ、別行動をとっていたカクさんとシノブは秘密の通路から城内に侵入していた。シノブは王子たちの解放に成功するが、ゼウラがマゾネスに乗り込んだ。王子たちは、それをダイオージャで迎え撃つ。マゾネスがダイオージャの電光雷鳴崩しの前に倒れた後、マーナとユールの結婚式が始まった。王子一行は、男女平等になったフラウ星の人々に見送られ、次の訪問地へ向かうのだった。
 
 
第11話 スターになったミト王子
 映画を主産業にするムーブ星で、ミト王子は主演も監督もこなすグローザーがすっかり気に入ってしまった。翌朝、王子はグローザーに会おうとひとり黙って宿を出た。小道具運搬トラックの荷に紛れて撮影所に潜入した王子は、そこでリアリティを追求するあまりエキストラの命を軽視するグローザーを目撃する。そのひどさに耐え切れず思わず非難の声をあげてしまい、王子は映画の中で火あぶりにされることに。王子を殺す役は、撮影事故で孤児になった子供たちの面倒をみていたコナーズだった。ロボット・イエルマークに乗ったグローザーに脅され、コナーズはいやいや王子の足元に火を点ける。と、王子はグローザーの非道さを叫び、撮影はNG。そのとき、王子を探して撮影所にやってきたスケさんとカクさんが現れ、王子を救出するとダイオージャとなってイエルマークに挑んだ。コナーズも撮影用のロボット・ビロニカでダイオージャに加勢する。その様子を撮影していたのは、助監督のザギー。電光雷鳴崩しでイエルマークが敗れる大団円は絶賛されるのだった。
第12話 つぼに刻んだ父の意地
 ミト王子一行は、陶器を名産にする国・グランド星にやって来た。だが、街に溢れていると聞いていた陶器はどこに行っても目にすることがない。じつは、ここの領主ハギンは、陶器の壺コレクターで専用美術館に多くの陶器を隠し持っていた。それらの陶器が、前夜、美術館に忍び込んだ14歳くらいの少年に壊され、ハギンは同じ年頃の少年たちを片っ端から捕らえていた。そんなことなど知らない王子らは、怪我を負った少年トビーに出会う。王子を警戒したトビーは怪我を負わせて隠れてしまった。その直後、運悪く兵士に見つかった王子は、城に連れて行かれてしまう。シノブから何が起きているのか聞いたスケさんとカクさんは、陶器破壊の真犯人であるトビーを捕まえた。トビーの父が、陶器独占を目論むハギンに逆らって人々に陶器を与えていたため、一家はハギンの恨みを買いトビーを除いた全員が殺されていたのだった。事情を知ったスケさんとカクさんは、シノブやトビーとともに城へ王子救出に向かった。無事救出された王子はダイオージャに乗り込み、ロボット・ダイマに乗り込んだハギンと、側近ジャワンの乗り込んだロボット・ガシンを電光雷鳴崩しで仕留めるのだった。
 
第1話〜第12話 | 第13話〜第24話 | 第25話〜第36話 | 第37話〜第50話 ▲上に戻る
注意:内容および画像の転載はお断りいたします お問い合わせはこちら 創通エージェンシー・サンライズ