作品紹介

作品ニュース

劇場版『ガンダム Gのレコンギスタ I』「行け!コア・ファイター」PFF特別先行上映&富野由悠季トークイベントレポート

2019年09月17日イベント
劇場版 ガンダム Gのレコンギスタ


11月29日(金)から全国23館で上映がスタートする劇場版『ガンダム Gのレコンギスタ I』「行け!コア・ファイター」の特別先行上映が、9月14日(土)、映画祭「ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」の中で行われました。


会場では、チケットを購入して来場された一般参加者の方々だけではなく、ガンダムファンクラブを通じて招待された10歳から16歳の子供たちとその保護者の親子10組や、PFFからの呼びかけで集まった8歳から18歳の子供たちとその保護者の親子30組も鑑賞を楽しみました。

上映終了後のトークショーには富野由悠季総監督と荒木啓子PFFディレクターが登壇し、「未来の問題を子供たちに考えて欲しくてベルリとアイーダの物語を創った」という富野総監督が、客席に集まった少年少女へ向けて本作へ込めた思いを語り、寄せられた質問に答えました。

イベントの締めくくりに、本作の完結がいつになるかと問われた富野総監督は「余命の問題もあるので再来年までには全5部作をやってほしい。そして目が黒いうちに次回作に行きたいと思っています。」と答え、万雷の拍手の中、特別先行上映は幕を閉じました。


詳しくはガンダムインフォ掲載のレポートをご覧ください。