最強銀河究極ゼロ
STORY各話あらすじ
 宇宙嵐うちゅうあらしの中、膨張ぼうちょうネイクスへかうトレジャー号。
 巨大蛇きょだいへび攻撃こうげき船体せんたいくわわり、衝撃しょうげきでネイクスのどくおかされ意識いしきうしなっていたキリガが目をます。蛇の毒のしるしは、ついにキリガの心臓しんぞうたっしようとしていた。

 ミロクがネイクスに魅入 み いられたむかし、レイはキリガをかばいミロクの毒を浴びた。宇宙保険機関うちゅうほけんきかんはこ解毒処置げどくしょちでレイをたすけたキリガは、トレジャー号をダルファにあずけてかくしたが、ミロクにつかまり記憶きおくうばわれたのだ。
 すぐに解毒に向かえと言うレイにさからい、キリガは巨大蛇の攻撃をふうじるためイアンととも流星号りゅうせいごうで立ち向かおうとする。引きめるレイとこぶしなぐりあい、たおしたキリガは、あとのすべてをレイにたくし、ネイクスとのバトルにのぞむ。

 バトルは一進一退いっしんいったい
 ネイクスのバースト「アルティメット・ヤマト」に対して、キリガは「アルティメット・サジットアポロドラゴン」が破壊はかいされるのを覚悟かくごの上でライフにアタック。ネイクスのライフをのこり2個にむ。「まよったときはドカン! と、ぶつかって行け!」というレイの戦法せんぽうをとったのだ。

 ネイクスの反撃はんげきでライフをけずかえされるものの、ネイクスの中のミロクに「目を覚ませ、お前は利用りようされているだけだ!」とうったえるキリガ。ついに「アルティメット・アレクサンダー」のアタックでネイクスのライフを残り一個に追いつめた。
 ミロクに「もどれ」とあきらめず訴えるキリガ。

 だが、ネイクスはミロクを完全かんぜんに取り込み、さらにキリガのライフを残り1個に追いめてしまう。

 その時、キリガのむねのアルティメットシンボルが脈動みゃくどう
 その脈動はトレジャー号のブリッジで目を覚ましたレイと連動れんどうした。バトルフィールドに出現しゅつげんしたレイはキリガを激励げきれい。ネイクスの攻撃をえきったキリガは、「アルティメット・ドライアン」を召喚しょうかんして反撃はんげき。ネイクスの最後のライフを削って勝利する。

 勝利の瞬間しゅんかん、キリガはミロクのたすけをもとめるこえを聞き、レイにつたえるが、流星号は巨大蛇の爆発ばくはつまれてしまう。
まえヘつぎへ

ページトップへ

バンダイナムコピクチャーズ©BNP/BANDAI 注意:内容および画像の転載はお断りいたします。お問い合せ先はこちらをご覧ください。SUNRISE