最強銀河究極ゼロ
STORY各話あらすじ
 レイの一番星号いちばんぼしごうとキリガの流れ星号は、惑星わくせいキサラームに向かう。
 宇宙コンパスをリクトにあずけ、究極きゅうきょくのバトスピ探索たんさくをエリスにまかせた二人ふたりは、ミロクが蛇遣へびづかい座の封印ふういんき、銀河全ぎんがすべてを飲み込むのを阻止 そ ししようと急行きゅうこうしたのだ。

 リクトは宇宙コンパスを起動きどう
 するとホログラム映像えいぞう祖父 そ ふのデイビッドがあらわれた。「究極のバトスピへのとびらひらくには合い言葉が必要ひつよう」「ヒントはこの映像の中にかくされておる」
 リクトとエリス達はなぞ挑戦ちょうせんする。

 一方いっぽう、キサラームのミロクは、 にギルドであつめた全カードのエネルギーを吸収きゅうしゅうさせた。光の中に浮かぶくさり拘束こうそくされた蛇遣いネイクスと蛇のシルエットに「僕のものになるんだ!」と叫ぶミロク。鎖がはじけるとネイクスの実体じったい出現しゅつげんしたところに、レイとキリガが到着とうちゃくする。

 ミロクの真意しんいを問うキリガとレイだが、ミロクは取り合おうとしない。キリガはネイクスと、レイは灼熱しゃくねつのゼロに変身へんしんしてミロクとのバトルに突入とつにゅうする。
 過去 か こ、レイとキリガにあこがれて仲間になったミロクだったが、二人との実力差じつりょくさめようとたびに出て、別人になって帰ってきた。
 そこまではおぼえているが、その先が思い出せないゼロは、ミロクの「極覇龍きょくはりゅうアルティメット・ヤマト」と蟹座かにざデッキに圧倒あっとうされ敗北はいぼくしてしまう。キリガもネイクスに敗れる。

 勝利したミロクはレイに過去をげる。バトルで負けて、すべてをうしない行き倒れになった時、ミロクは近づいてきた蛇(ネイクス)の「私を解放してくれ。銀河ぎんがべる力をお前にさずける」というさそいにおうじて、その蛇をんでしまっていたのだ。

 敗れたレイとキリガを呑み込もうとするネイクス。
 レイをかばったキリガはミロクの黒い蛇のオーラに、むねから飛び出したアルティメット・シンボルをみつかれてしまう。
 「お楽しみは最後まで取っておかなくちゃ」とミロクは去っていく。

 同じ頃、エリスはついに映像のデイビッドの謎かけのこたえに気づく。
まえヘつぎへ

ページトップへ

バンダイナムコピクチャーズ©BNP/BANDAI 注意:内容および画像の転載はお断りいたします。お問い合せ先はこちらをご覧ください。SUNRISE