最強銀河究極ゼロ
STORY各話あらすじ
 記憶きおくうしなったハンソろうひろったレイ達は、キリガ達のいるトレジャー号に合流ごうりゅうする。キリガはサマンサとファーリーをレイ達に紹介しょうかいした。

 そのころ、ミロクはギルド解散かいさん宣言せんげん本部ほんぶ爆破ばくはするとギルドメンバーにげる。
 あわてて本部から脱出だっしゅつしようとする銀河三羽ぎんがさんばがらすだったが、デネボラにつかまって、ミロクのところへ同行どうこうさせられる。

 一方いっぽう、「アルティメット・アレクサンダー」と「アルティメット・オーディン」をレイとトレードしたキリガは、レイにデッキをトレジャー号のブリッジのスロットにれることをすすめる。
 レイがデッキを差し込むと、記憶結晶きおくけっしょう出現しゅつげん。キリガはレイの記憶がそこにあると教える。
 トレジャー号はレイ、キリガ、ミロク、3人の船だったのだ。
 だが、レイは今の自分で満足まんぞくしていて、記憶回復かいふくことわる。
 おこった記憶結晶から、過去 か このレイがあらわれる。
 負ければたがいが消えることを約束やくそくし、むかしのレイVS今のレイのバトルがはじまった。

 今のレイは灼熱しゃくねつのゼロに変身へんしん、そのライフが過去のレイにけずられるたびに記憶がよみがえる。
 かつて3人がマジダチだったこと。ミロクが2人との実力差じつりょくさめようと決意けついして姿すがたしたこと。その後、再会さいかいしたミロクが以前とちがっていたこと。
 「あの野郎やろう、何があった?」と聞くゼロ。キリガにもわからない。

 ゼロは「アルティメット・ジークフリーデン」、「アルティメット・ジークヴルム・ノヴァ」、「アルティメット・ムゲンドラゴン」、3体のアルティメットで過去のレイを圧倒あっとう勝利しょうりする。
 ゼロはバトルをつうじて、過去の記憶を受け入れたのだが、ミロクのことだけが分からない。
 第4階層だいよんかいそうでの戦いの熾烈しれつさを予想よそうしたキリガは、ハンソ郎にたくしてファーリー達を帰還きかんさせる。

 その頃、デネボラは銀河三羽がらすをれてミロクにせまるが、ミロクはルキノスをみ込んでしまう。
 そして、ギルド本部が爆発四散ばくはつしさんした。
まえヘつぎへ

ページトップへ

バンダイナムコピクチャーズ©BNP/BANDAI 注意:内容および画像の転載はお断りいたします。お問い合せ先はこちらをご覧ください。SUNRISE