最強銀河究極ゼロ
STORY各話あらすじ
 レイたちは本物の「宇宙うちゅうコンパス」をもとめて、ギルドマスターのミロクがるギルド本部ほんぶに向かう。
 要塞ようさいはもぬけのから。映像えいぞうあらわれたミロクは本物の宇宙コンパスを見せつけて、消えてしまう。だが、デネボラがミロクの居場所いばしょをレイにおしえてくれる。

 一方いっぽう、ゴミ惑星わくせいに来たハンソろうは、うら12きゅうブレイヴ使いを呼び出す裏銀河文書うらぎんがもんじょ石版せきばんたたる。
 そこへミロクが現れる。石版には発信機はっしんきが付けてあったのだ。
 しかも、ハンソ郎が割った石版は偽物にせものだった。
 本物の裏銀河文書はミロクが持っていた。
 ハンソ郎はアルティメット使いのほこりをけてミロクにバトルをいどむ。
 ミロクはマントとマスクを取り、素顔すがおでバトルにおうじる。
 ハンソ郎がミロクを裏切うらぎったのはギルドをまもためだった。
 ギルド誕生たんじょうはクリスタルをうばあらそいをおさめる為であり、ミロクが利権りけん掌握しょうあくすれば無駄 む だな争いはなくなるはず、そうしんじてハンソ郎はミロクにしたがってきたのだ。
 だが、ミロクの本心ほんしんは宇宙もすべてを手に入れようという欲望よくぼうちたものだった。
 いかりにふるえるハンソ郎は「アルティメット・ガイ・アスラ」を召喚しょうかんしてミロクのライフをけずるが、ライフ減少げんしょうでミロクのバースト、「極覇龍きょくはりゅうアルティメット・ヤマト」のバーストが発動はつどう
 そのバースト効果こうかでハンソ郎の「アルティメット・ガイ・アスラ」は破壊はかいされる。
 返すターンでミロクは「アルティメット・ヤマト」でアタック、アルティメットトリガーをヒットさせる。つづくスピリット2体のアタックでハンソ郎のライフを削り、残り1個へと追いつめる。
 さらに「アルティメット・デスペラード」でアタック。「アルティメット・ヤマト」のアルティメットトリガーでパワーアップした「アルティメット・デスペラード」のアタックをふせげずにハンソ郎は敗北はいぼく。デッキをうばわれふねも破壊された。

 ミロクをさがしてゴミ惑星に来たレイ達はハンソ郎を発見はっけんするが、ハンソ郎は記憶きおくの全てをうしなっていた。
まえヘつぎへ

ページトップへ

バンダイナムコピクチャーズ©BNP/BANDAI 注意:内容および画像の転載はお断りいたします。お問い合せ先はこちらをご覧ください。SUNRISE