最強銀河究極ゼロ
STORY各話あらすじ
 ジャスティスカップの優勝賞品ゆうしょうしょうひんにされた「宇宙うちゅうコンパス」を取りもどすため惑星わくせいジャスティスにむ向かうレイ達。大会を仕切 し きるのはジャスティス立花たちばなだ。
 ゲストで登場とうじょうしたマジカルスターさき参戦さんせん宣言せんげん
 ライラとリクトは、宇宙コンパスがうばわれたものでかえしてしいとうったえるが、バトスピ法で判断はんだんしたジャスティスは却下きゃっか。欲しければ大会に出たまえと言われ、二人ふたりは宇宙一のカードクエスターを決める大会に出場しゅつじょうする。

 キリガはエリス達とだい階層かいそう先行せんこうして、レイたちが来るのを待つ。
 デッキで選抜せんばつされエントリーしたのは32名。レイ、リクトとライラとソルトも入る。銀河三羽ぎんがさんばがらすもエントリーを決めていた。
 そしてトーナメント大会1回戦の対戦たいせんカードが発表はっぴょうされる。
 ワタリの相手あいてはなんとマジカルスター咲、そしてレイの相手は元銀河七将もとぎんがしちしょう不屈ふくつのザードに決まる。正々堂々せいせいどうどういどんでくるザードにたいして、レイは閃光せんこうのゼロへと変身へんしんする。
 ファン心理しんりころして対戦するワタリは、バーストの連発れんぱつ優勢ゆうせいにバトルをはこぶ。対するマジカルスター咲も紫属性むらさきぞくせいのコア移動いどうを【強化きょうか】でパワーアップさせて、対抗たいこうたがいにゆずらぬバトルをひろげる。

 一方いっぽう、ザードは、めきろうとしないゼロの対戦態度たいどにいらだつ。だが、ゼロはマジダチへの礼儀れいぎとして全力でたたかっていた。
 「ムゲンドラゴン・ノヴァ」、「アルティメットリーン」とゼロはつづけて召喚しょうかんする。そしてゼロは「アルティメットリーン」でアタック、ダブルアルティメットトリガーをダブルヒットで決める。ブロックが出来 で きなくなったザードはぜんライフをけずられ敗北はいぼくした。
 だが、不屈の闘志とうし再戦さいせんちかうザードに、ゼロは笑顔えがおでまた会おうと握手あくしゅを差し伸べる。

 一方、ワタリはマジカルスター咲に敗北。しかし、ツルハシとハシブトの応援おうえんに全力を注ぐことを誓う。
まえヘつぎへ

ページトップへ

バンダイナムコピクチャーズ©BNP/BANDAI 注意:内容および画像の転載はお断りいたします。お問い合せ先はこちらをご覧ください。SUNRISE