最強銀河究極ゼロ
STORY各話あらすじ
 異次元いじげん侵略者しんりゃくしゃから究極アルティメットのバトスピをまもる、新たな冒険ぼうけんが始まった。
 だが、究極のバトスピに近づくだい階層かいそうへのゲートステーションは破壊はかいされていた。

 破壊者の名を聞き出すべく、ギルドの男ハンソ郎と戦う灼熱しゃくねつのゼロ。
 その戦況せんきょうをギルド本部ほんぶでミロクとるルキノスは、ゼロに見覚みおぼえがあった。

 アルティメット使いのハンソ郎は「アルティメット・ガイ・アスラ」を駆使 く ししてゼロのライフをけずり、残りライフ1に追い込む。
 だが、逆境ぎゃっきょうに燃えるのが灼熱のゼロだ。そのあつさにハンソ郎も自然しぜんと笑みが出る。
 追い込まれたゼロはつい三龍神さんりゅうじんの一柱「アルティメット・ジークヴルム・ノヴァ」を召喚しょうかんする。そして召喚アルティメットトリガーでロックオン。ヒットしたハンソ郎のカードのコスト分だけライフを回復かいふく、ライフ5点まで全回復する。
 続けてアタックステップ、「アルティメット・ジークヴルム・ノヴァ」でアタックしてアルティメットトリガーでロックオン。
 これがクリティカルヒットする。
 ハンソ郎の「スレイヴ・ガイアスラ」を破壊し、さらにバトルで「アルティメット・ガイ・アスラ」を撃破げきはする。続けて、他のアルティメットでもアタック、ハンソ郎を追い込んでいく。その猛攻もうこうにハンソ郎は打つ手がない。

 ゼロは、戦いの中で異次元からの敵に共に立ち向かおうとハンソ郎をさそう。
「アルティメット・ガイ・アスラ」がみとめた男をゼロも認めていたのだ。
 ゼロはとどめのアタックを「ムゲンドラゴン」に託す。その際に「ムゲンドラゴン・ノヴァ」のシルエットを見るハンソ郎。
最後のライフをくだかれ敗北したハンソ郎は、ゲートを破壊したのは異次元の侵略者だと教え、レイの誘いにもこたえず、 去っていった。

 レイは、「アルティメット・ジークヴルム・ノヴァ」の力を信じて一番星号いちばんぼしごうのコンソールにデッキごと差す。すると第3階層のワープポイントを通過つうかする事が出来るのだった。
まえヘつぎへ

ページトップへ

バンダイナムコピクチャーズ©BNP/BANDAI 注意:内容および画像の転載はお断りいたします。お問い合せ先はこちらをご覧ください。SUNRISE