最強銀河究極ゼロ
STORY各話あらすじ
 惑星わくせいカチドニアをるキリガをレイは究極きゅうきょくのバトスピさがしの仲間にさそう。
 キリガは「考えておこう」と意外いがいな答えを残し去る。
 ハンソ郎からむらさきアルティメットデッキを献上けんじょうされたミロクは、キリガから受け取った裏銀河文書うらぎんがもんじょを使う。
 石版せきばん変形へんけいし、左右が逆転ぎゃくてんした裏十二宮星座うらじゅうにきゅうせいざうつし出す。そしてギルド本部から宇宙へビームがほとばしり、宇宙全域ぜんいき衝撃波しょうげきはが広がった。同時に裏十二宮星座の蟹座かにざ点滅てんめつはじめる。

 衝撃波は宇宙を行くエリス、銀河三羽ぎんがさんばがらす、レイとキリガたちにもとどく。光に反応はんのうしてレイとキリガとエリスのアルティメットカードが飛び出す。
 ギルド本部からはなたれたビームによって、宇宙が切りかれ、そこから光球こうきゅうあらわれる。光球はギルド本部に入り、ミロクの前までやってくる。光球はホラー人形に宿やどり、「蟹座のルキノス」になった。

 一方、アルティメットにみちびかれて小惑星帯しょうわくせいたいに来たレイ、キリガ、エリスは大きなアルティメットクリスタルを発見。
 レイとムゲンがクリスタルにれる。するとレイとムゲン、キリガとイアン、エリスは光に取り込まれた。黄金おうごんの光の中で、レイたちは赤きりゅうと出会う。
 赤き龍は宇宙を二分にぶんしたアルティメットと異次元いじげん侵略者しんりゃくしゃとのたたかいをかたる。そしてその侵略者がふたたびこの宇宙に現れたとげ、究極のバトスピをわたしてはならないとレイたちに警告けいこくする。赤き龍は三龍神と呼ばれるアルティメットの一柱「アルティメット・ジークヴルム・ノヴァ」と名乗 な のる。カードに変化して赤い光でムゲンを照らし、レイの手におさまった。「ノヴァ」は他の二柱はキリガとエリスを選んだといい、「急ぎ出会え」と告げる。エリスは言葉にしたがって旅立つが、キリガはギルドへの報告義務ほうこくぎむ優先ゆうせんする。

 レイの一番星号いちばんぼしごうは第3階層かいそうへのゲートステーションに着く。だがゲートは破壊はかいされていた。
 待ち受けていたハンソ郎はポイント破壊者を教える事を条件にバトルをいどむ。
 レイは灼熱しゃくねつのゼロに変身、受けて立つ。
まえヘつぎへ

ページトップへ

バンダイナムコピクチャーズ©BNP/BANDAI 注意:内容および画像の転載はお断りいたします。お問い合せ先はこちらをご覧ください。SUNRISE