最強銀河究極ゼロ
STORY各話あらすじ
 惑星わくせいカチドニアは、アリンスとテレンスあらそいで二つにれ、中央ちゅうおうにジャッキがはさまった奇妙きみょうな形の星だ。
 星の自転じてんにも異変いへんしょうじ、半分は極端きょくたんあつく、半分は極端にさむい。
 そのいきさつをカードバトルステーションで聞いたレイは、アリンス親分おやぶんに自分を用心棒ようじんぼうやとわないかとちかける。

 一方のテレンス家の用心棒には、流れ星のキリガがおさまっていた。キリガは惑星図書館としょかんで手に入れた裏銀河文書うらぎんがもんじょをミロクに渡した後、テレンス家の用心棒をするようめいじられたのだ。
 両家の用心棒としてバトスピ大勝負おおしょうぶおこなう事になるレイとキリガ。

 同じころ、野菜惑星にいたバジーラは、ギルドの追っ手としてあらわれたハンソ郎とのバトルにやぶれてデッキをうばわれてしまう。

 一方、紺碧こんぺきのゼロとキリガはたがいにアルティメットを召喚しょうかんし、せめぎ合う。
 キリガは「アルティメット・グランウォーデン」でアタック、ゼロのライフ残り2個まで追い込む。反撃はんげきしたゼロはキリガのライフをけずり、残り1個に追い込んでターンエンド。
 キリガはふたたび「アルティメット・グランウォーデン」でアタック。
 ゼロは「アルティメット・アレクサンダー」でブロック、むかつ。
 BPでおとる「アルティメット・アレクサンダー」だがネクサス「ガルガンドの城門」の効果こうか逆転ぎゃくてん、返り討ちにする。返しのターンで手札てふだに戻された「ムゲンドラゴン」を復活ふっかつさせたゼロは「アルティメット・アレクサンダー」でアタック。「スタードライアン」でブロックするキリガだが、そこまでだった。
 「ムゲンドラゴン」のアタックでキリガの最後のライフを削ったゼロは勝利する。
 その戦いで前へ前へという姿勢しせいを見せたゼロを「アルティメット・アレクサンダー」はついあるじとしてみとめる。

 レイは、アリンス親分から褒美ほうびとしてネジを一本もらう。
 そのネジがはずれると惑星を割っていたジャッキが分解ぶんかいされ、カチドニアは元の星に戻って快適かいてき季候きこうを取り戻すのだった。
まえヘつぎへ

ページトップへ

バンダイナムコピクチャーズ©BNP/BANDAI 注意:内容および画像の転載はお断りいたします。お問い合せ先はこちらをご覧ください。SUNRISE