最強銀河究極ゼロ
STORY各話あらすじ
 おたからを取りもどしてもらったトーノは、レイ達にリゾート惑星わくせいグリーンスムージーの招待券しょうたいけんをプレゼントして、ジャグーチにかえって行った。

 惑星グリーンスムージーに到着とうちゃくしたレイたちは巨大昆虫きょだいこんちゅう襲来しゅうらいをよけながら、少し変わったバカンスを楽しむ。だが、レイは大事なアルティメットデッキをなぞ大蜘蛛おおぐもぬすまれてしまう。
 大蜘蛛の正体しょうたいは、銀河三羽ぎんがさんばがらすだった。
 しかし、アルティメットデッキは、使い手に相応ふさわしくない三羽がらすをこばむ。
 三羽ガラスに指示しじを出していたのは不屈ふくつのザード。
 ザードは銀河七将ぎんがしちしょうをあらたに結成けっせいしようとしていてそのためにアルティメット手に入れようとしていたのだ。

 そこへギルド最強さいきょうの男、ながぼしのキリガがあらわれた。
 キリガのおとものちびドラゴンのイアンは、実力行使じつりょくこうしでデッキを手に入れる行為こういは銀河バトルスピリッツ法違反ほういはんだと警告けいこくして、おなら攻撃こうげきで三羽がらすを成敗せいばいする。
 一方いっぽう、ザードは警告を無視むし。キリガは青カード「ドライアン」に変身したイアンをデッキにおさめると、ザードにバトルをいどんだ。

 キリガの戦法せんぽう青属性あおぞくせいらしくデッキ破壊はかい
 次々とゴレム系のスピリットを召喚しょうかんして、キリガはじんかためていく。
 ザードのアタックを受けつつも、しっかりブロックして、「クォーツ・ゴレム」の効果こうかで、相手デッキから着々ちゃくちゃくとカードを破棄はきしていく。

 そして、ついにキースピリット「アルティメット・キャッスルゴレム」を召喚したキリガは、アルティメットトリガーでロックオン、ヒット。「アルティメット・キャッスルゴレム」のアルティメットトリガーはヒットしたカードのコスト1につき相手デッキから3枚破棄する。コスト3のカードでヒットしたため、一気にザードのデッキから9枚を破棄した。
 だが、ザードもフルアタックを仕掛しかけ、キリガのライフを残り1個まで追い込む。
 最後のライフにせまるザード。
 しかし、キリガはフラッシュタイミングでマジック「ブレイクグラインド」を使用。ザードのスピリットを2体破壊して、デッキを4枚破棄してしのぐ。
 返しのターンにキリガはアルティメットトリガーで反撃はんげき。ザードをデッキアウトさせ、完勝かんしょうする。

 ザードから取り返したアルティメットデッキをレイに返すと、そのままキリガは去るのだった。
まえヘつぎへ

ページトップへ

バンダイナムコピクチャーズ©BNP/BANDAI 注意:内容および画像の転載はお断りいたします。お問い合せ先はこちらをご覧ください。SUNRISE