バトルスピリッツ ソードアイズ激闘伝
各話あらすじ 操作方法

 ガルドスの一撃いちげきで消えたはずのギャラクシーとボンバーとジャスティスだが、その姿はサモハン工房にあった。無事だが、彼らは神からさずかった力を失っていた。しかし、人の味方になった事をギャラクシー達は後悔していなかった。ガルドスは、自分だけ助かりたいという人のエゴに呆れ、神に対し、この世界も失敗だったと宣言。ガルドスは神との同化を果たす。
 その頃、ストークの神殿しんでんに来たヤイバとリローヴはライフをささげ、カードに封じられたスピリット達を目覚めさせようとしていた。
 一方、ツルギはアトランティア王宮に乗り込むとクーデターを宣言。だが神と同化したガルドスは全世界に配備した武装スティンガーに指令を出す。すると天に魔方陣まほうじんが展開し、神の鉄槌てっついが地表へと降下をはじめる。破滅はめつを怖れ、命乞いする権力者達をガルドスは神剣で斬ろうとする。そこへ飛び込んだツルギは、ソードブレイヴで防ごうとする。しかし、神剣の衝撃波しょうげきはで吹き飛ばされてしまう。そのツルギを守ったのは父の形見「龍輝神りゅうきしんシャイニング・ドラゴン・オーバーレイ」だった。
 その頃、ストークの神殿ではヤイバの命をかけた呼びかけがスピリットたちに届こうとしていた。ヤイバの力に耐えきれず神殿は崩壊ほうかいしてしまうが、呼びかけはスピリット達に届いていた。呼応したスピリットたちはカードのまま空に舞い上がっていって、ガルドスの魔方陣を裂いて消滅させる。さらにカードは、ソードアイズ達のキースピリットの幻となって出現し、鉄槌の降下を食い止める。
 各地で自分のキースピリットをめ称えるソードアイズ達は、人々を方舟はこぶねに乗せるため、スティンガーを蹴散らし、方舟の奪取だっしゅに走る。連絡はリローヴ達が作った貝殻で可能だ。
 一方、ツルギは、世界の救済きゅうさいを賭けてガルドスにバトルを挑む。
 エクストリームゾーンに立ったツルギはガルドスに「お前は誰だ」と問いかける。「お前達が『神』と呼ぶもの」と答えたガルドスは、序盤じょばんでツルギのライフをくだく。すると、神の鉄槌が一段落下する。ツルギのライフが減るたび、神の鉄槌は降下していくのだ。だが、ツルギは怯まない。仲間のカードを混合した、究極きゅうきょくのソードアイズデッキで反撃はんげきを開始するのだった。
まえへつぎへ
ページトップへ
バンダイナムコピクチャーズ©BNP/BANDAI 注意:内容および画像の転載はお断りいたします。お問い合せ先はこちらをご覧ください。SUNRISE