きままにブレイヴ バトルスピリッツ ブレイヴ
2011/09/12
きままにブレイヴ 最終回!!
ダンとズングリーの絵!
これが本当にラスト!!
さて、この日がやってきました!
昨日は「バトスピ ブレイヴ」の最終回、今日は「きままにブレイヴ」の最終回です。

まずは、ここまで「きままにブレイヴ」を暖かく見守って下さった、みなさんに感謝です!!
本当にありがとうございました!!


また、監督や、作画さんや制作担当の皆さんなど、色んな方々に、ご迷惑かけつつ、また応援してもらいつつの、一年間でした。

後半は「今週のブレイヴの見所!」を主として更新してきましたが、番組制作の内側や、担当さんたちの熱い思いなどが、皆さんに少しでも伝わってくれたら幸いです。


さて、「きままにブレイヴ」は今日の更新で終了ですが、形を変えて「バトスピ ヒーローズ」では、番組公式Twitterとして番組を盛り上げていきたいと思います!!

社内大会の様子や、バトスピ公式大会の様子など、ブログでは、中々出来ない、即時性のある情報をお届けできればと思いますので、ご期待下さい!!



そして、キャラクターデザイナーの湯本さんが、色彩設計の柴田さんへ贈った、お礼の絵を、お二人の許可を得て特別に公開!!笑顔のダンの絵は、かなり貴重!

お二人には、2年間通してDVDジャケットや商品版権などで色々ご迷惑をお掛けしました・・・。



さてさて、それではこの辺で。
みなさん、一年間お付き合い頂き、ありがとうございました!


それでは……


今週もバトスピやろうぜ!!
2011/09/10
今週のブレイヴの見所!  最終回!!
サブタイ「黎明」は「れいめい」と読むよ!
いよいよこの日がやってきました。
「今週のブレイヴの見所!」もついに最終回です。
今回は特に多くは語りません…。

それでは、「バトルスピリッツ ブレイヴ」
最終話「黎明」制作担当の田中アキラさんよろしくお願いいします。


■今回の放送話数で、一番のみどころは?

視聴していただいている皆様方、ついにやってきました。
ブレイヴの最終回です。
神々の砲台は発動し、地球リセットの危機は回避されるのか!
ダンたちコアの光主や、ソフィア号クルーの未来は…。
泣いても、笑ってもこれが最後!


■今回の話数で、進行さん的に一番の輝いていたキャラは?

馬神ダンとの付き合いもかれこれ、2年になります。

初登場時の少し頼りなかった頃、
異界王に叩きのめされ生死の境目を彷徨った頃、
復活して少し成長した頃、
ブレイヴ初登場時のバトルジャンキーだった頃、
元いた時代での辛い思い出をクラッキーとぶつけあったあの頃、
まゐの離脱を止められなかったあの頃、
なにもかもが懐かしく、そして鮮明に思い出されます。

ブレイヴの最後の戦いを見届けて下さい。


■最後に

このアンケートを書くときにいつも思うことは、どれくらいの方々が、「バトルスピリッツ ブレイヴ」を見てくれているのだろうということです。
視聴率や大体の人数などは数字として出ますが、見ていただいている方々一人一人が、どんな人でどんな風に感じながらこのアニメを見てくれているのかはなかなかわかりません。
同時に、見ていただいている方々には私たち、作り手側の末端がどんなことを思いながら制作しているかお伝えできる場面は少ないと思います。

このブログからそれらが少しでもお伝えできればと思い一年間書いてきました。

制作上の悲喜こもごもなど、書けなかったことも多々ありますが、おもしろがっていただいていたら嬉しく思います。
「バトルスピリッツ ブレイヴ」と、このアンケートを楽しみにしていただいた方には心よりお礼申し上げます。

では、バトルスピリッツ ブレイヴ 最終回「黎明」を御覧ください。


田中アキラさんありがとうございました!
もう言いたいことは全部、田中さんが言ってくれました!!

あとは、放送を待つだけです!!
ダンたちの2年間の集大成を見逃すな!


最後に…
放送終了後の月曜日に、「きままにブレイヴ」最後の更新をかける予定です。
もしよろしければ、覗いてやってください。
2011/09/10
きままにブレイヴ スペシャル回!
少年激覇のときのダン
まだ幼い感じだね!
ブレイヴのダンさん
青年になったね!
さてさて、今日はスペシャル企画!

ダンさんたちの生みの親、西森章監督にインタビューをしてきました!
バトスピブレイヴ最終回直前に、西森監督は何を語るのか?!
「少年激覇ダン」から「ブレイヴ」までの2年間を振り返ってもらいました!!

それでは早速どうぞ!



――バトスピブレイヴとは?――

『ジャンルアニメ』である!
激覇が終わった頃のバトスピ全体の(カード含め)世代層が広がっていたのを感じました。
その時点では、対象年齢層より年齢が上の客層が増えていた。だったら商品展開の幅を広げるため世代を絞り込まず「子供向け」の概念から一歩出て、バトスピという『ジャンルアニメ』を作ろうと思った。だから内容がニチアサキッズという枠には入らなくなったんだよね。

また、カードのブレイヴが出てくる事で、混色デッキが当然のようになる。そのことで、6人6色というルーチンでは、お話が出来なくなった。変わりに主人公とライバルを「ブレイヴ使い」と限定したことがお話はわからなくても迫力あるバトル映像を見れば印象的になり子供を初め購買層がブレイヴカードが欲しくなって商品はかなり売れました。

そういうバトスピのなるであろう環境を予想して、ジャンルアニメ「ブレイヴ」を作りました。
単純な子供向けのキッズアニメだけだったら、「バトスピ大好き声優の生ラジオ」もきっと生まれてないしね。



――キャラクターの中で1番成長したのは?――

モチロン、ダンさん!
ブレイヴの中で、ダンは物凄い変化している。
最初はバトルジャンキーだが、最終的には元の「みんなのために何かをするダン」になっています。

特に顕著になっているのは25話以降。プロ中のプロとなって、不必要なバトルはしなくなった。カードバトル=職業になったから、バトルしていないときに他の事を考えられるようになったんだね。その成長があって、元々の「みんなのために何かするダン」へ変わり穏やかになっていきます。

そして、35話以降のダンはバトル=対話として考えるようになった。イザーズとのバトルも対話をして、イザーズを改心させるし、魔ゐとのバトルもそう。対話するためだけにバトルフィールドへ向かっていった。
ただ、プロ中のプロだから勝負は全力。魔ゐの訴えを聞いた上で、キッチリ勝つ。だから、バトルが終わった後、まゐの気持ちにちゃんと応えているでしょ。

精神的な成長だけじゃなく、実は肉体的にも成長をしているんだよね。
気づいている人もいるかもしれないけど、激覇の1話から、ブレイヴ1話まで、最低でも3年以上、ブレイヴの後半になるころには、4年以上の月日が経過しているんだよ。

そもそも、激覇の頃のグランロロはTV放送は1年だったけど、実際にダン達が何年グランロロに滞在していたか、明かしてないんだよね。だからもしかしたら、1年半いたかもしれないし、2年近くいたかもしれない。だからブレイヴの1話では、激覇のダンから3歳以上、年をとったダンだった。
ただブレイヴは地球リセットまで1年としていたから、1年だけど。でもこれは理屈で実際はキャラクターの見た目年齢で芝居させてしまいました。

※グランロロ 1年以上 
 激覇からブレイヴ1話まで 2年経過 
 ブレイヴのラストは1話から1年経過



――1番好きなキャラ――

主人公のダンは色々な意味で特別。サンライズで主人公を2年続きで成長させたのは多分初なんじゃないかな?そういう意味でもダンは思い入れが強いね。
あとは、激覇なら、異界王。
ブレイヴならまゐかな。

そもそも、映画好きだから渋い悪役が好きなんだよね。小山さんの声も合わさって渋さが増して、激覇の中では、お気に入りのキャラだね。
ダンやまゐ達は、みんな私の子供同然なんだけど、中でもまゐはブレイヴの中で美しく育ってくれた。女性視聴者から「まゐ、キレイになりましたね」といってもらえたときに、男親として、単純に嬉しかった。



――2年間通して思い出深いシーン――

ブレイヴ1話でのダンとまゐの2ショットシーン。
実は、激覇の頃はダンとまゐの2ショットシーンはほとんど無かった。まゐには、セルジュがいたし、ダンにはズングリーがいたからね。

あの未来へ行くシーンがシリーズ通して初の本格的な2ショット。とても良いムードで演出できたからブレイヴの地球リセットを止めるという大きな話しの柱以外に、ダンとまゐの話しという小さな柱ができた。それが#48で花開く訳だけれども。

成長したキャラクターでダンを上げたんだけど、まゐも成長していて、ブレイヴでは多感な女性を表現できたと思う。激覇のときから、感受性は高かったけど、ブレイヴでソフィア号のクルー達のお姉さん的な存在になって成長した。成長してなきゃ#48でダンに「愛してる」なんて言えないでしょ。
#49・#50ではダンの恋人として絵も役者の芝居も変えているので、その違いを見てほしい。
声優の大浦さんと川澄さんにも、「付き合っている呈でお願いします。」といったのを覚えてます。



――反省点――

最初から「バトルスピリッツ」という『ジャンルアニメ』を狙ったけど、ジャンルアニメを成立させるのが難しかった。
結果、お話は子供たちには難しくなってしまったけど、商品を印象付けることには成功しました。

『ジャンルアニメ』として、バトルシーンは説明を多く取り入れるのが必然だから、逆にドラマ部分では説明を意図的に省いた箇所があります。省いた部分は視聴者の方々に自由に想像してもらっていいし、セリフの「行間を自由に読んでください。」というようなフィルムになりました。
最近のクリント・イーストウッド監督作品に近い雰囲気かな。

また、成瀬巳喜男監督や小津安二郎監督の映画に行間を読む楽しみをがあるように、ブレイヴも一言のセリフの前に5行ある時があります。
こういう芝居が一番多かったのが、バローネ。バローネ役の浪川さんにも行間を読ませる芝居を「面白い!」と同意してもらえました。

しかし、いきなりは不親切だったし朝7:00枠で考えると2年ぐらいゆっくりと時間をかけて慣れてもらうのが理想でしたね。そこが反省点。でもそんな先まで私が監督する補償はないどころか、この1年しかないとスタート時には思っていたから選択の余地がなかったのも事実です。


その辺がわかった上でブレイヴ#50終わってから、最初から見直したときにキャラクターの印象が違って見えるかもしれません。

例えば、異界王が激覇のときにダンに「周りを見ろ」と促しているのだけれど、当時ダンは子供だから分からなかった。
けど、ブレイヴ#47では成長したダンは異界王の言う事を理解している。それはダンがバローネに言っていたように、「バトルフィールドの外を見ろ」といっているのと一緒のことなんです。



――ずっと見てくれた人たちに――

激覇とブレイヴではお話運びやキャラクター配置のロジックをわざと変えています。同じ主人公なのにドラマツルギーの違う作りにしてしまい視聴者には少し混乱させてしまいました。

でも難しく考えないで型にはめず気楽に見ていただければ、それぞれの面白さが発見できるはずです。長い間お付き合いくださって、ありがとうございました。

シリーズ構成の冨岡さんとも、良くも悪くも「記録よりも記憶に残る作品」を作ろうということで、2年間ダンたちと共に走り続けました。何回も見直せるシリーズになってくれれば幸いです。



西森監督ありがとうございました!!

これを全て読んでくれたキミは、是非「少年激覇ダン」から「ブレイヴ」までを見直して欲しい!
きっと今までとは違った作品の見え方になると思う!!

さてさて!
ついに今週はブレイヴの最終回!
監督が言っていた「行間を読む」を実践しつつ、最期まで番組を楽しんでください!


明日はいよいよラストの「今週のブレイヴの見所!」だ!!
2011/09/02
今週のブレイヴの見所!
初バトルのときのバローネとダン!
二人も大分成長しましたね。
新学期早々、台風で荒れ模様な天気だけど、雨の日は外に出られない分、自分のデッキを見直すチャンスだ!
デッキを磨いて、友達の中の台風の目になろう!!

そういえば、来週ボンバーとかいう赤いモジャモジャ頭の人がうちの会社に来るらしいんだけど…。
色々、大丈夫かな…。すぐオナラするらしいし…。

それはさておき「今週のブレイヴの見所」行ってみよう!
第49話「神々の砲台 十二宮Xレア激突!」
制作担当:作山さんお願いします!


■今回の放送話数で、一番のみどころは?

今回は、最後の戦いに向かう二人を送りだす話です。

人間側、魔族側、それぞれの陣営がこれまでを振り返りながら、ダン、そしてバローネを送りだしていきます。
皆様にも、この一年を振り返って頂けるのではないか、と思っています。

勿論、バトルもあります。
十二級Xレアを召喚しまくるバトルになりますので、最後のバトルらしい豪華なバトルになっています。
そちらもご期待下さい。
(予告に十二宮からはぶられた奴も居ますが……気にしない方向で)


■今回の話数で、進行さん的に一番の輝いていたキャラは?

ダンとバローネですね。

最後のバトルにかける、それぞれの決意。
ダンが、
そしてバローネが、
この一年で何を得て、その結果、二人がどう成長して、このバトルに臨もうとしているのか?

皆様も彼らの決意を受け止めてあげて下さい。


■最後に

最終回まであと一話………なので、この話数でブレイヴを卒業となります。
振り返れば、この一年はブレイヴに付きあって、駆け抜けた一年だったと思います。
皆様も、今回を見て、そして来週の最終話までブレイヴを駆け抜けて下さい。

ありがとうございました。


■最後の最後に

先週、ようやくお互いの意思を確認したダンとまゐ。
激覇、ブレイヴを通して彼らの関係も成長しました。

今週と最終回の二話を残すばかりとなりましたが、彼らの事も見守ってあげて下さい。



作山さんありがとうございました!

先週ようやくお互いの思いを確認し合えた、ダンと、まゐには少なからず思い入れがありますよね!
激覇からブレイヴまで、通して制作に携わっていたらなおさらだと思います!!

そして、一年間お疲れ様でした!!




さてさて、そんなこんなで、スタッフブログ「きままにブレイヴ」も放送最終回と共に、終了してしまうことになるのですが…。
前に告知をしていた、スペシャル第2弾を来週のどこかでやります!!
お楽しみに!!


それでは、今週の「バトスピ ブレイヴ」も楽しんで見て下さい!
2011/08/27
今週のブレイヴの見所!
スペシャルバージョンのアイキャッチだ!
8月ももう終盤戦!
夏休みの宿題はもう終わってるかな??
大変な事は先に終わらせておくと、気持ちの良い新学期が迎えられるぞ!
広報担当:瓜生が学生時代の頃は、夏休みの最期まで宿題を溜め込んでしまって、大変だった思い出ばっかりだ!

バトスピも、夏休みの宿題もスタートダッシュが大切!!
いきなり手札事故だったら、勝てる勝負も勝てなくなってしまうぞ!!
今年は、宿題を溜め込んでしまったキミも、来年はスタートダッシュを決められるようにしよう!!

それでは、「今週のブレイヴの見所!」いってみよう!!

第48話「ダンvs魔ゐ ダブルブレイヴvsダブルノヴァ」
制作担当の萬代さん宜しくお願いいたします!!


■今回の放送話数で、一番のみどころは?

マイ様を見てくれ!

もう、これ以外に言う事はありません!

すいません、少し言いすぎました……
だだ、そう言いきってしまいたくなる程、この話数はマイ様に力を注ぎ込んだんです!
原画で参加頂いた皆様にも徹底して「マイ様をとにかく美しく描いて下さい!」と言うことをお願いさせて頂きました。
その結果はフィルムにもしっかり出た、と自信を持って言えます。

正直なところ、見どころと聞かれたら「あのカット!」と答えたい所があるのですが、そこはネタバレになってしまうので、ここでは書けません!

TO☆NI☆KA☆KU!
今週のマイ様を見て下さい!


■今回の話数で、進行さん的に一番の輝いていたキャラは?

DA☆KA☆RA!
マイ様以外に居ないんですって!

演出の渡辺正樹さんの「マイ様が美しく見えるように」との細やかな演出指示。
そしてそれを原画さんに伝えるべく作監の石田智子さんの丁寧な作画修正。
更に乗せる色にも拘って今回はマイ様の為に特別に新しい色指定を色彩設計さんに2パターンも追加で色を作って頂きました。
それだけではなく、撮影さんにもマイ様のために一部のシーンに特殊な処理を施して頂きました。

そうスタッフ全員の力をマイ様に集約したのが、この回なんです!


■最後に

ふー……とにかく今回のマイ様にかけた意気込みは説明しきったかと思います。

これで僕はブレイヴを卒業してしまうのですが、最後に関われたのがこの48話で本当に良かったと思います。
制作進行として、全力を尽くせたと今、密かに達成感を感じています。

激覇から着いてきて下さった皆さん……
ブレイヴから見始めて下さった皆さん……
皆さんが「最終回まで見よう」と感じてくれる話数になれば幸いです。

ありがとうございました!



萬代さんありがとうございました!
マイ様への熱いこだわり、ヒシヒシと感じました!!

そして、この「今週のブレイヴの見所!」の
制作担当さんたちのアンケートをまとめてくれていたのが、萬代さんだ!
自分の仕事だけでも大変なのに、色々ご迷惑おかけしました&本当に助かりました!

トップの絵は、萬代さん一押しのマイ様のアイキャッチ!
NEXT
注意:内容および画像の転載はお断りいたします。お問い合せ先はこちらをご覧ください。(c)BNP・メ〜テレ