ストーリー

  • あらすじ
  • 第1話〜第25話
  • 第26話〜第50話
  • 第51話〜第75話
  • 第76話〜第99話
あらすじ
第1話〜第25話
第26話〜第50話
  • 第26話
    見参!浪速のどんぶり兄弟・大阪で勝負だ

    open

    味皇から料理持参の花見に招待された陽一。堺一馬も来ると聞いて参加するが、花見の席に一馬の姿はなかった。しかし永田が持参した一馬の料理の素晴らしさに、陽一は大阪行きを決意する。大阪では一馬が“浪速のどんぶり兄弟”と呼ばれる双子の少年料理人の挑戦を受けていた。

    • シーン
    • シーン
    • シーン
  • 第27話
    二人三脚で勝負だ!陽一・一馬のカレーどんぶり

    open

    丼ものの天才といわれる双子の少年料理人“浪速のどんぶり兄弟”の挑戦を受ける一馬に相棒を申し出た陽一。一馬は陽一とのコンビを承知しないが、陽一は双子の迫力にただならぬものを感じ取る。双子のカレー丼の味に愕然となった陽一は、他の店を手伝いながらカレー丼の研究を始める。

    • シーン
    • シーン
    • シーン
  • 第28話
    激闘!大阪城・カレー丼春の陣

    open

    陽一と一馬のカレー丼は、カレーは一馬の黄金配合、とろみは陽一の芽かぶとろろを使うことで一致した。しかしコンビネーションが合わず、二人のカレー丼作りは難航する。このままでは負けると案じた永田は、二人だけにすることで互いの心を開かせようとするが…。

    • シーン
    • シーン
    • シーン
  • 第29話
    強敵!ミスター鍋っ子登場

    open

    味皇を唸らせた野菜作りの天才であり、凄腕の少年料理人・中江兵太を訪ねるため博多に向かった陽一。兵太の野菜を使った見事な料理に感激した陽一は、野菜を分けて欲しいと頼む。兵太の条件は、自分の野菜を本当に活かしてくれる料理人かを見せて欲しいというものだった。

    • シーン
    • シーン
    • シーン
  • 第30話
    味試し!味っ子対ミスター鍋っ子

    open

    野菜作りの天才少年・中江兵太の野菜を分けてもらうため、陽一は鍋物で勝負することになった。手作りの野菜がハーモニーを生み出す兵太の鍋は、まさに神秘的といえるほどの素晴らしさ。それに対して工夫をこらす陽一だが、野菜だけは兵太の手作りのものに勝てそうにないのだ。

    • シーン
    • シーン
    • シーン
  • 第31話
    回転寿司勝負!のれんの味を守り抜け

    open

    陽一と味皇は博多の老舗の“初音寿司”で小西和也と再会する。肉料理の道を捨てた小西は、ここで新たな修行に励んでいたのだ。そこへ味将軍グループの毛利が現れ、初音の親方に店を売るか、さもなくば小西を返せと迫る。初音の味を守るため、陽一は小西と組んで勝負を受けると申し出る。

    • シーン
    • シーン
    • シーン
  • 第32話
    回転寿司勝負!味将軍をうちやぶれ

    open

    老舗“初音寿司”の味を守ろうと、味将軍グループの毛利が仕掛けた回転寿司勝負を受けて立つ陽一と小西。小西の指導でシャリを握ることから始めた陽一だが、なかなか思うように進まない。小西は陽一を子供扱いして一人で何とかしようとするが、陽一も必死に工夫を考えていた。

    • シーン
    • シーン
    • シーン
  • 第33話
    弁当ウォーズ!日之出食堂が危ない!

    open

    日之出食堂の前に“ザ・おいかわ”という弁当屋が出現した。ハンバーグ勝負で敗れた阿部と駅弁対決で負けた及川が、味将軍の命を受け再起を図ろうと挑戦してきたのだ。例年、日之出食堂が作る町内カラオケ大会用の弁当を、今年はザ・おいかわが引き受けるという。

    • シーン
    • シーン
    • シーン
  • 第34話
    弁当ウォーズ!下町の味は父の味

    open

    日之出食堂発展のルーツである弁当を守るため、ザ・おいかわに弁当勝負を挑んだ典子と陽一。しかしおかずで意見の合わない二人は別々に準備を始める。陽一はおこぜの唐揚げを思いつくが、その先が進まない。典子も味皇料理会の主任たちに特訓を受けるがなかなかうまくいかなかった。

    • シーン
    • シーン
    • シーン
  • 第35話
    外国からの挑戦状!ウィーン少年料理団

    open

    料理人グランプリに敗れて失踪していた下仲が、ウィーン少年料理団を伴い帰国した。陽一と勝負させて、陽一の料理の腕を確かめることが目的だった。次々と陽一の料理の工夫を解き明かしてみせる少年たち。彼らの熱心さに感動した陽一はデザートオムレツ勝負を受けて立つ。

    • シーン
    • シーン
    • シーン
  • 第36話
    世界最高のお子様ランチ

    open

    フランス料理会の重鎮、ジャン・ピエール・ド・ムスタキ。弟子であるウィーン少年料理団が陽一とのデザートオムレツ勝負に負けたことを知り、日之出食堂に乗り込んできた。しげるたちにお子様ランチをねだられていた陽一に勝負を申し入れるムスタキ。しげるの誕生会でお子様ランチ対決だ!

    • シーン
    • シーン
    • シーン
  • 第37話
    冷し中華勝負!陽一・名古屋で大ピンチ

    open

    味皇料理会名古屋支部の創立記念講習会に招かれた陽一は、会場で謎の少年・章吉にきしめん冷やし中華の勝負を挑まれた。“包丁老人”こと日本一の刀鍛冶、滝沢が審査員を申し出る。章吉が陽一に勝負を挑んだのは、名だたる料理人が手にしてきた滝沢老人が打つ包丁を手に入れるためだった。

    • シーン
    • シーン
    • シーン
  • 第38話
    冷し中華勝負!京のみやこで大逆転

    open

    包丁老人・滝沢を訪ねて京都に向かった陽一は、滝沢邸で斎戒沐浴する少女を見る。彼女こそ修行のため少年のようにふるまっていた章吉だった。自分も包丁を作ってもらうために来たと告げ、章吉と再び対立する陽一は、再び冷やし中華を作ることを滝沢に申し出る。

    • シーン
    • シーン
    • シーン
  • 第39話
    包丁一本!茶碗蒸し勝負

    open

    滝沢老人に包丁を打ってもらうためにどうすればよいか悩む陽一に、章吉から挑戦状が届いた。滝沢を審判とし、茶碗蒸し勝負で負けたほうが包丁より手を引くという条件だ。由緒ある料亭の娘である章吉の茶碗蒸しを超えるものを作ろうとする陽一だが、仮面の翁にまずいと言われてしまう。

    • シーン
    • シーン
    • シーン
  • 第40話
    うな丼勝負!黄金のうなぎを求めて

    open

    夏休みのある日、客からメニューにないうな丼を注文された陽一は、うな丼への挑戦を始める。良質のうなぎを手に入れるため老舗の“鰻浜”を訪ねるが、頑固親父の栄吉と言い争いになってしまった。居合わせた芝裕之の配慮で、栄吉を唸らせるうな丼を作れたら鰻を分けてもらえることになる。

    • シーン
    • シーン
    • シーン
  • 第41話
    タコ焼き合戦・味将軍と対決だ!

    open

    夏祭りの夜、陽一たちはタコ焼き屋を出していた堺一馬とコオロギに再会する。そこへ味将軍グループの杉本が巨大トレーラーで乱入してタコ焼きを売り始めた。見かねた陽一は杉本を追い払おうとタコ焼き勝負を挑むが、それは杉本の思うつぼだった。

    • シーン
    • シーン
    • シーン
  • 第42話
    問答無用!餃子で勝負

    open

    中国から来たリャン・ガ・コーテーという男が突然勝負を申し込んできた。味皇料理会の米本の紹介だという。料理人の頂点を目指し味仙人に認めてもらうための「味仙人トーナメント」に、米本が自分の代わりに陽一を推薦したのだ。陽一はリャン・ガ・コーテーとの餃子勝負に勝って味仙人トーナメントを進めるか。

    • シーン
    • シーン
    • シーン
  • 第43話
    荒磯勝負・海の料理人からの挑戦状

    open

    陽一に味皇から島の別荘への招待状が来た。ところが島で待っていたのは、陽一に呼ばれたという困惑した味皇たちだった。一体誰が仕組んだのか? やがて現れた男は海の料理人・味船敏八と名乗り、陽一に焼き魚での荒磯勝負を挑んできた。しかも、かつて陽一の父・隆男を倒した男だという。

    • シーン
    • シーン
    • シーン
  • 第44話
    荒磯勝負・陽一式石焼き魚の秘密

    open

    味仙人トーナメントの青い札を賭けて、海の料理人・味船敏八との荒磯勝負に挑む陽一。焼き魚の研究を始め、悩みぬいた末に熱した石を使うことを思いつく。そして勝負の日は来た。敏八はさらに、岩場が海に沈む前に魚を焼き、素材を探してきてもう一品作るという条件を出す。

    • シーン
    • シーン
    • シーン
  • 第45話
    山の幸勝負!強敵鍋っ子と料理サバイバル

    open

    陽一は父・隆男の師匠であり、緑の札を持っている山の料理人・関平助を訪ねた。しかし関は陽一との勝負に応じず、関に挑戦してきたもう一人の料理人と話し合って札を持って行けという。その料理人とはミスター鍋っ子・中江兵太だった。サバイバルクッキングで再び勝負だ!

    • シーン
    • シーン
    • シーン
  • 第46話
    山の幸勝負!特製かまど蒸しで大勝利

    open

    味仙人トーナメントの緑の札を賭けて料理サバイバル勝負をする陽一と兵太の前に、黄の札を持った一馬が現れた。山の料理人・関平助の代わりに審判をするという。だが勝負は雨のため一時中断となった。山小屋の中で、三人の少年料理人たちは、それぞれの思い、目的を語り合う。

    • シーン
    • シーン
    • シーン
  • 第47話
    宿命の大決戦!陽一・一馬のサンマ勝負

    open

    宿命のライバル、一馬との黄札を賭けての勝負は、丸井の提案で日之出食堂でのサンマ定食勝負となった。しかしその日は日之出食堂の感謝デーで店は大賑わい。次々に料理を作る陽一の姿に一馬も手伝いだす。そして全てのメニューが売り切れたとき、サンマ勝負が始まった!

    • シーン
    • シーン
    • シーン
  • 第48話
    味仙人への挑戦!勝利への切り札はこれだ

    open

    四枚の札を手にして味仙人の住む味わい寺を訪ねた陽一。味仙人は料理の供養をしながら、トーナメントに勝ち残った者の料理を待っていた。厨房に米しかないと知って驚く陽一だが、自らの手で材料を用意することの意味を知る。ところが味仙人が病に倒れてしまった。

    • シーン
    • シーン
    • シーン
  • 第49話
    味探し!丸井対ミスター味っ子

    open

    丸井がイタリア政府に招かれた。その祝賀パーティーは丸井自身が腕を振るうという。手伝おうとした陽一はソースを味見しただけで大きなショックを受ける。丸井こそが、本当に越えねばならぬ相手ではないのか。そして丸井にも、料理人として陽一と区切りをつけたいという気持ちがあった。

    • シーン
    • シーン
    • シーン
  • 第50話
    さらば丸井!料理の道は果てしなき挑戦

    open

    陽一と丸井の勝負「味探し」のときが来た。しかし会場に乱入した味将軍が、丸井は味将軍グループの一員だと宣言し、会場がどよめく。丸井の疑いを晴らすため、陽一は七包丁との勝負を受けるが、味将軍の計略により丸井とともに危機に追い込まれる。

    • シーン
    • シーン
    • シーン
  • Facebook
  • Twitter
  • Twitter